歯を白くする治療法、ホワイトニングとは!?

歯を白くしたい!

歯を白くするには?

ホワイトニングとは、黒ずんだ歯や黄ばんだ歯を専用の薬剤によって漂白する施術のことをいいます。ホワイトニングには、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングがあり、どちらも専用の安全な薬剤を歯の表面に塗る(オフィスホワイトニングはさらに特殊な光線を照射する)だけです。簡単にあこがれの白い歯が手に入ります。歯を削る必要がなく、色は自然な白さに改善できて、何回でも施術を受けられるので最近ではとても人気があります。

一昔前であれば、コーヒーや紅茶の色素で黄ばんだ歯は歯を削ってプラスチックで覆うしかありませんでした。しかしホワイトニングであれば、ただ薬剤を塗るだけ。今まで歯の色を気にして思い切り笑えなかった方におすすめです。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを並行して行うホワイトニングをデュアルホワイトニングと言います。基本的に4回のオフィスホワイトニングと4週間のホームホワイトニングを1セットとして行うことで、双方が相乗効果を生み、より効果的に歯を白くすることが可能。目標の白さにするまでの期間を短くできるだけでなく、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの併用により後戻りもゆっくりになるので効果的に長時間白い歯を持続する事が可能になります。オフィスホワイトニングやホームホワイトニングと比較すると最も自然な白さで効果的なホワイトニングです。

治療前 治療後
治療前 1 治療後 1

ブライダルホワイトニング

ブライダルホワイトニング

当院が、結婚式を迎える花嫁様・花婿様におすすめしているのがエステ感覚で通っていただけるブライダルホワイトニングです。デュアルホワイトニングで、歯を理想の白さに仕上げます。式の日取りにあわせて、4週間ほど前からお越しいただき、施術を行います。お急ぎの方にはさらに短期間のコースもご用意していますので、お気軽にご相談ください。

それでも白くならない方はこちら

同じ歯の着色といっても、生活習慣によるものや生まれつきのものなどがあります。特に後者の場合はホワイトニングの効果が出にくいことが多々あります。「ホワイトニングをしても白くならない……」という場合は、セラミックの薄い板を貼り付けるラミネートベニアという治療法がおすすめです。

ラミネートベニアとは?

ホワイトニングQ&A

Q.ホワイトニングの効果はどれくらい続くんですか?

残念ながら、効果は1~2年でなくなってしまいます。正確にいえばオフィスホワイトニングは約2週間である程度まで色落ちし、その後徐々に色落ちしていきます。ホームホワイトニングは急激な色落ちはなく、オフィスホワイトニングよりもゆっくりしたペースで効果がなくなっていきます。

もちろん、コーヒーや紅茶などをたくさん飲んでいたらその分歯は黄ばみやすくなります。少しずつ色落ちが見え始めたら、定期的な追加ホワイトニング(タッチアップ)をおすすめします。

Q.差し歯でもできますか?

差し歯の変色は、差し歯の素材が着色しやすいことが原因ですから、ホワイトニングの効果はありません。それよりも、着色しやすい素材(レジン)ではなく着色しにくい素材(セラミック)に交換することをおすすめします。

Q.矯正治療をしていても受けられますか?

矯正装置を歯に装着していると、その部分は薬剤が行き渡らず効果が得られません。矯正治療を終えてから受けられることをおすすめします。